ナナフシはバラの害虫だと知る

ムシとの遭遇

引っ越してまもなく。ベランダにやってきたのはちょっと可愛い、ナナフシという虫です。

映画『ファンタスティック・ビースト』に出てくる、枝のような魔法生物に似てると思いました。枝っぽいからエダナナフシかな?

基本、前足二本でぶら下がって強風にも耐えている姿が可愛いです。(←観察しすぎ)

そのままにしていましたが、ショックなことにナナフシはバラの害虫だとわかりました。だから居座る訳ですよね…

バラへの被害状況

バラの葉が所々食べられている箇所を見つけました。

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールがお気に入りの様子でずっといます。葉は生い茂っているし、このペースだと食べ尽くされる感じではありません。

今年ルージュはシュートを伸ばすのが目的なので、多少食べられてもまぁいいか(^-^;)

バラ科の葉がお好きなようで、他のバラやイチゴを食べ始めたら対処しようかな。

対処方法

手でとりのぞけばいいかなと思います。

動きも遅いのですぐ捕まえられそうです。ツンツン触っても逃げません。

見た目も可愛いので、素手かもしくはグローブをつければ虫が得意ではない私でも捕まえて運べそうです。そのうち捕まえて遠くに放そうかなと思います。

神秘の卵

ナナフシの卵は見た目は植物の種みたいで、地面にばらまくのだそう。卵まで擬態してるとしたら、徹底してて面白い。

しかも、小さな卵から何倍もの長さの幼虫が生まれます!

種類は違いますがロードハウナナフシの卵から生まれる瞬間の動画を観ましたが、本当に不思議でした。ナナフシは細いから折りたたまって卵に入っているとか、でもあれはそんなレベルではないというのが正直な感想です。物質が変化したような?不思議~

卵がすでにばらまかれている可能性に気づいて探してみたら、糞がたくさんばらまかれていました(^-^ゞそれに混ざって卵もあるかな~と探しましたが、見つかりませんでした。見かけたら取り除こうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました